フリーランスエンジニアになるには何が必要?収入や必要なスキルとは

フリーランスエンジニアは、高収入で自由な働き方ができるというイメージが強く、独立を目標としているエンジニアも多いです。
しかし、フリーランスへの転身にはリスクがあることも確かです。

今回は、フリーランスエンジニアに向いている人・向いていない人の条件や、フリーランス転身に必要な準備について解説します。

フリーランスエンジニアと会社員エンジニアの違い

エンジニアとして働く場合、フリーランス・会社員それぞれに良いところ・悪いところがあります。
まずは、エンジニアは雇用形態によって、どんなところに違いが出てくるのかを解説します。

フリーランスのメリットとデメリット

フリーランスエンジニアのメリットは、まず案件あたりの単価が高くなりやすいことです。
会社員の場合、仕事量が多くても少なくても給与は定額ですが、フリーランスの場合は交渉次第で仕事量や難易度に合った報酬を請求できます。

また、会社員の場合は、やりたくない仕事でも命じられればやらざるをえませんが、フリーランスなら自分がしたい仕事を選んで契約することが可能です。
さらに、勤務地や時間が自由なので、私生活のQOLを保ちやすいこともメリットです。

ただし、フリーランスエンジニアは仕事が安定してあるとは限りません
雇用保険にも加入していないので、仕事がなくなると収入がゼロになるリスクもあります。
また、報酬相場を知らなかったり、交渉がうまくなかったりすると、スキルに見合わない報酬で良いように使われてしまうことも。

さらに、自営業者として、営業や経理税関係の申告など、会社員なら他の社員がやってくれる専門外の業務も、自分でこなす必要があります。

会社員のメリットとデメリット

会社員エンジニアのメリットは、何より雇用が安定していることです。
失業のリスクがゼロというわけではありませんが、基本的には仕事量に関係なく、安定した額の給与を毎月受け取ることができます。

また、会社の社会保険厚生年金に加入しているので、u>保険料の負担がフリーランスよりも少なく、補償も手厚いです。
給与計算年末調整も会社が請け負ってくれるため、自分の専門であるエンジニアの仕事にのみ集中できることも会社員のメリットです。

しかし、収入に関してはフリーランスエンジニアに劣る側面があります。
多重下請け構造のIT業界では、下請け企業に所属しているとスキルがあっても年収を伸ばしにくいのです。
また、働く時間や場所、業務内容なども、会社員エンジニアは自由になりづらいです。

フリーランスエンジニアに向いている人・向いていない人

フリーランスエンジニアに向いているのは、以下のような人です。

  • 高く売れるスキルを持っている人
  • 交渉やコミュニケーションが得意な人
  • 自分でスケジュール管理ができる人
  • 金銭管理能力が高い人

フリーランスエンジニアは自由度が高い分、お金スケジュールなど、自己管理ができることが大前提です。
その上で、AIビッグデータ管理をはじめとした需要の高い技術を持っている人は、フリーランスになることで高収入を手にできる可能性があります

また、仕事を獲得するには自分から能動的に動く必要があるので、交渉やコミュニケーションなど人との関わりが苦にならない人に向いています。

逆に、以下のような人はフリーランスエンジニアにあまり向いていません。

  • 交渉やコミュニケーションが苦手な人
  • 安定した収入を望む人
  • 自己管理が苦手な人

優れたスキルを持っていたとしても、交渉が苦手だと安く買い叩かれてしまう可能性があります。

また、仕事がなくなれば収入が減るのはフリーランスの大きなリスクです。
家族を養っていたり、ローンがあったりと安定した収入が必要な人には、あまり向いていないかもしれません。

さらに、フリーランスは信用第一なので、いつも納期が遅れがちなど自己管理能力が低い人は、フリーランスには向いていません。

フリーランスエンジニアの収入はどのくらい?


それでは、フリーランスエンジニアの大きな魅力である、収入の相場を見ていきましょう。

年収・単価相場

エンジニアと一言で言っても、仕事内容によって年収には差があります。
フリーランスエンジニア100人に調査した、担当する工程ごとの年収相場は以下のようになっています。

  • 運用保守:420万円
  • テスト:444万円
  • 製造:600万円
  • 詳細設計:660万円
  • 基本設計:780万円
  • PL:816万円
  • 要件定義:840万円
  • PM:900万円
  • コンサル:1080万円

案件ごとの単価は、使用スキルや契約期間などの条件によって、数万円〜数千万円とかなりばらつきがあります。
月収に直すと、25〜80万円ほどになることが多いようです。

参照:フリーランスエンジニア100人に聞いた年収調査【相場グラフつき】

会社員エンジニアとの収入比較

エンジニアの求人サービス「ProEngineer」の調査では、フリーランスと会社員では平均年収に約100万円の差があるという結果になっています。
フリーランスエンジニアの平均年収は660万円で、会社員エンジニアの平均年収は550万円

なお、会社員エンジニアの約半数である46%は400~450万円で、フリーランスは660〜780万円が54%を占めるなど、中心となる年収帯にも差があります。

参照:【徹底比較】フリーランスエンジニアと会社員エンジニアの年収・働き方の違いとは?

在宅フリーランスは稼げる?

在宅フリーランスで稼げるかどうかは、結論から言うとスキル次第です。
需要の高いスキルを持っていれば、1件数百万〜数千万円というような高額案件を受注することも可能ではあります。
しかし全体的な傾向でいうと、企業常駐案件より、在宅案件の方が単価は低くなりがちです。

ただ、デザイナーライター動画編といった他の在宅フリーランスの職種よりは、在宅エンジニアは稼げる仕事と言えるでしょう。

年収アップにはエージェント利用を

フリーランスエンジニアの年収アップは、交渉がネックになりがちです。
もちろん、自分で交渉を行うこともできますが、個人では交渉の進め方や報酬相場など、わからないことも多いでしょう。

エージェントを利用すれば、希望条件を伝えるだけで自分にあった案件や企業を紹介してもらうことができます。
もちろん利用料金はかかりますが、信頼できるクライアントと出会えて長期契約に繋がりやすく、しかも希望の条件も叶いやすいです。
自分での営業に限界を感じた方は、フリーランスエンジニア専門のエージェントに登録してみましょう。

フリーランスのエンジニアとして働くには

最後に、フリーランスのエンジニアとして働くために必要な準備をご紹介します。

事前リサーチ・戦略を立てる

いきなりフリーランスとして独立して、活躍できるエンジニアは少ないです。
目の前にある案件をただ受けるのではなく、独立する前に、今求められているスキルや案件ごとの相場価格などのリサーチを行っておくと、年収が上がりやすくなります。

フリーランスとしてどんな戦略でいくか?という方針を定め、それに基づいて仕事をしていくことが重要なのです。

実績・経験・スキルを積み重ねる

フリーランスエンジニアに仕事を発注する企業は、その人の経験実績スキルセットを重視します。
未経験エンジニアに大きな仕事を発注してくれる企業ほぼないので、会社員として経験を積むか、フリーランスでも小さな仕事から積み重ねていくことが重要です。

ただ漫然と仕事をこなすだけではなく、この経験がフリーランスとしての活動にどのように役立つのか?を考えるようにしましょう。

交渉スキルを身につける

営業力と交渉力も、フリーランスエンジニアのスキルのうちです。
優れた技術があっても、良い条件で契約できなければ年収アップは叶いません。

交渉を持ちかけるタイミングや、クライアントが承諾してくれそうな条件の提示など、情報集めをして交渉スキルも身につけておきましょう。

まとめ

フリーランスエンジニアとして独立すると、うまくいけば会社員エンジニアより平均100万円もの年収アップが叶います。
しかし、フリーランスになると全てが自分の責任となるので、営業力・交渉力・自己管理など会社員エンジニアには必要ないスキルが求められる側面も。

向き・不向きはありますが、年収アップを狙っているエンジニアの方は、フリーランスへの転身を検討してみてはいかがでしょうか。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事