外国人採用は人材紹介会社がおすすめ!サービス利用の注意点とは

外国人を採用する時は、人材紹介会社を利用するのがおすすめです。
人材紹介会社は登録者の中から依頼主におすすめの人材を選定し、紹介を行ってくれます。

広告掲載などで募集するより的確な人材に出会えるため、早く確実に外国人採用をしたい場合に最適です。
今回は、おすすめの外国人人材紹介サービスや料金、利用方法についてまとめました。

外国人人材紹介サービスとは?

まずは、外国人人材紹介サービスの概要や種類、利用料金について解説していきます。

一まとめに外国人人材サービスといっても、様々な種類や得意分野があるため、自社の特性や探している人材のタイプに合わせて人材紹介サービスを選ぶのがおすすめです。

日本人人材紹介サービスとの違い

外国人人材紹介サービスと日本人人材紹介サービスの違いは、まず当然扱っている人材や所在地が異なるということ。
外国人人材紹介サービスでは、日本国内にいる外国人はもちろん、海外の日本語学校や送出機関と提携して、海外在住の外国人に日本での就職を斡旋している場合もあります。

また、日本人人材紹介サービスの主な役割は、仕事と人材のマッチングです。
しかし、外国人人材サービスの場合、人材の紹介はもちろん、ビザの確認・申請作業、日本の生活や文化についての研修など、外国人が日本で働く環境を整えることまで行います。

外国人人材紹介サービスの種類

外国人人材紹介サービスは、厚生労働大臣に許可を得た「有料職業紹介所」として営業しています。
人材紹介の方法は「一般紹介・登録型」と「サーチ型」の2種類があり、それぞれの特徴は以下の通りです。

一般紹介・登録型
外国人人材紹介会社があらかじめ登録者を募り、クライアント企業からの依頼に合致する登録者を紹介する。様々な業種の人材を「総合タイプ」と、特定の業種の人材のみ扱う「専門タイプ」がある。
サーチ型
一般紹介・登録型のように登録者の中から人材紹介をするほか、海外の学校・送出機関や他社の人材データベース、SNSなど様々な手段でクライアント企業が求める人材を探し、紹介する。ヘッドハンティング・スカウトと呼ばれることもある。

一般紹介型は、どちらかというと人材の能力などにこだわらず、外国人人材を早く大量採用したい場合におすすめです。
サーチ型は、逆に人材の能力や質にこだわり、特定のポジションに適した外国人人材を少数採用したい場合におすすめです。

外国人人材紹介サービスの費用は?

外国人人材紹介サービスの料金形態は、紹介した人材との契約が決まった際に料金が発生する「成功報酬型」の会社が多いです。
支払いタイミングは、ほとんどの場合外国人人材が雇用契約後に来日し、実際に入社した時点となっています。

これは、外国人人材は採用が決まっていても、ビザの取得がうまくいかず結局就労できないということがあるためです。
ただし、先にご紹介したサーチ型の外国人人材サービスの場合は、人材紹介に手間がかかるため依頼した時点で着手金が発生する場合もあります。

成功報酬型の料金形態の場合、外国人人材紹介サービスの報酬は2種類の計算方法があります。
それぞれ、「届出制手数料」「上限制手数料」と呼ばれています。

・届出制手数料:
採用者の初年度理論年収に、それぞれの外国人人材サービスが設定した料率をかけた金額。相場は35%程度(上限50%)。

・上限制手数料:
採用した人材の6ヶ月の賃金の10.5%以下。届出制手数料に比べて報酬額が低くなるため、ほとんどの業者が採用していない。

届出制手数料の計算に用いる「初年度理論年収」とは、「採用者の1ヶ月分の給与×12+諸手当(所定外労働手当を含む)・報奨金・一時金」です。
あくまでも理論上の年収なので、実際に支払う年収とは異なります。

外国人人材を一度に複数名採用した場合には、一人一人に対して上記の計算方法で算出した手数料がかかります。
業者によっては複数採用で割引が適用になる場合があるため、採用したい人数に合わせて業者を選ぶのがおすすめです。

外国人人材紹介サービスのメリット・デメリット

それでは、外国人人材紹介サービスがおすすめできるポイントと、注意が必要なポイントを解説していきます。

利用するメリット

外国人人材紹介サービスがおすすめな理由は、以下の3つです。

入社するまで何名面接しても費用が発生しない

先に解説した通り、外国人人材紹介サービスの料金は採用者が入社した時点で発生します。
採用したもののビザが取得できなかった、来日前に内定を断られてしまったなどの理由で、採用コストを無駄にすることがありません。

また、紹介された外国人人材が定着せず早期退職してしまった場合も、在籍していた期間に合わせて返還金規定を定めている業者が多いため安心です。

採用担当者の時間を削減できる

外国人人材の採用は、全くノウハウを持たない人事担当者にとって、とても手間で時間も取られるものです。
外国人人材紹介サービスは、人材の選定のほか、ビザなどの事務手続きも行ってくれるため、採用担当者の工数を大幅カットすることが可能となります。

これまでに外国人人材の採用経験がない場合こそ、外国人人材紹介サービスの利用がおすすめなのです。

媒体では出会えない人材に出会える

外国人人材を採用したい場合、人材紹介サービス利用のほかにメジャーなのは外国人向け求人媒体に求人広告を掲載することです。
人材サービスに登録している外国人と、求人媒体で仕事を探している外国人は、あまり層が被っていないため、求人媒体では出会えない人材に出会うことができます。

また、応募制だと求める人材に応募者がマッチするとは限りません。
人材紹介サービスなら、年齢・経験・語学力などの条件が指定できるため、より適性のある人材を採用できるためおすすめです。

デメリット

外国人人材紹介サービスの利用には、以下のようなデメリットもあることを知っておきましょう。

人材紹介会社の担当者によって質が変わる

外国人人材紹介サービスのデメリットは、担当者の力量によって採用できる人材の質が異なることです。
会社によって、得意分野・不得意分野がありますし、クライアントのニーズを汲み取る力やリサーチ力も、担当者によってまちまちです。

そのため、外国人人材紹介サービスを利用する際は、事前に担当者と直接話し合い、自社のニーズをしっかり伝えておくのがおすすめです。

ビザなどの手続きは会社責任

外国人人材紹介サービスは、先に触れたように外国人のビザ確認や申請を行ってくれる場合があります。
しかし、全ての外国人人材紹介サービスで同様の作業を行ってくれるとは限らないほか、最終的な確認は外国人を雇用する会社側の責任となります。

万が一、外国人のビザに間違いがあった場合には、雇用した会社も罰せられるため注意しましょう。

外国人に特化した人材紹介サービスのおすすめ5選

外国人人材紹介サービスは、それぞれ様々な特徴を持っています。
おすすめの外国人人材紹介サービスと、その特徴について解説していきます。

IT人材に特化した「JELLYFISH

JELLYFISHはIT人材に特化した外国人人材紹介サービスです。
現在、日本ではIT人材の育成がIT業界の拡大スピードに追いつかず、エンジニア不足が問題視されています。
そこで、外国人の優秀なエンジニアを紹介しているのがJELLYFISHです。

48カ国20,000人以上の登録人材の中から、クライアントのニーズに合致する人材を的確に選定。人材の72.2%が日本在住で高い日本語理解力を持ち、日本企業で即戦力として働くことができます。

優れたIT技術を持ち、即戦力となる外国人人材を探している企業におすすめです。

(中見出し)日本語能力者が多い「NINJA

NINJAは134ヵ国・約4万人の外国人が登録している外国人人材紹介サービスです。
登録者向けに、日本で働く際のルールや、日本あるあるを解説したコラムを掲載していて、日本の生活や文化を楽しく学びながら求職活動ができるのがNINJAの特徴。

コラムを読んでいる登録外国人は、日本語や日本文化に明るいため、職場に馴染みやすい外国人人材を探している場合におすすめです。

高度外国人に特化した「ネットエース

ネットエースに登録している外国人人材は、91ヶ国・6万人以上。
ネットエースの特徴は、高度な専門知識・技術、経験と、高い日本語力を持つ高度人材に特化していることです。

登録者の9割が日本国内に在住していて来日を待つ必要がないため、ビザの切り替えが済み次第、即雇用が可能。
すぐに外国人採用が必要な企業、専門職の外国人を探している企業におすすめです。

海外人材を採用できる「Bridgers

Bridgersは、国内の外国人だけではなく、海外にいる外国人を雇用することができる外国人人材紹介サービスです。
現地で採用面接会を開き、呼び寄せて雇用することができるので、他の人材紹介サービスでは出会えない人材に出会うことができます。
海外から、複数の人材をまとめて採用したい企業におすすめのサービスです。

工場・倉庫の分野に強い「エフエージェイ」

エフエージェイは、工場・倉庫の分野で成長著しい外国人人材紹介サービスです。
海外の大学と提携を結んでいるため、若く優秀な労働力を確保したい場合にもおすすめ。

また、行政書士資格を持つ社員が常駐していて、コンプライアンスを守りながら適切に外国人人材を紹介しています。

外国人人材紹介サービス利用の流れ

外国人人材紹介サービスを利用する流れは、以下の通り。

1.外国人人材紹介サービスに問い合わせ
2.求める人材について相談
3.候補者の選定
4.コンサルティング契約
5.候補者の面接・選考
6.採用者の決定・契約

外国人人材紹介サービスを利用するには、まず電話やメールで利用したい会社にコンタクトを取るところから始めます。
上記のおすすめ外国人人材紹介サービスから自社に適した業者を探し、まずは問い合わせをしてみましょう。

業者ごとに料金が異なり、得意分野・不得意分野もありますので、依頼前に相見積もりを取って比較するのもおすすめですよ。

まとめ

外国人人材紹介サービスは、早く確実に外国人を採用するためにおすすめの方法です。
自社採用よりコストはかかりますが、採用担当者の手間や時間を節約することができるため、外国人採用のノウハウがない企業におすすめ。

今回ご紹介したおすすめ外国人人材紹介サービスの中からぜひぴったりの業者を見つけてみてください。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事