リファラル採用とは?メリット・採用成功のポイントまとめ

リファラル採用は、少子高齢化や人材の海外流出に伴う人材不足から、近年注目されている言葉です。

今回は、リファラル採用を考えている人事担当者向けに、リファラル採用の概要やメリット・デメリットを解説します。
リファラル採用は、単に社員に紹介を依頼するだけではなく、しっかりとした仕組みづくりが大切です。

リファラル採用とは

リファラル採用の「リファラル」は、英語で「紹介」という意味です。
その言葉通り、リファラル採用とは自社の従業員に知人・友人・家族・元同僚などを紹介してもらう採用方法のことです。

自社の社風や、求めているポジションをよく理解している自社従業員に紹介してもらうことで、求人サイトや人材紹介会社を介するよりもマッチング度の高い人材が採用できます。

メインの採用方法である国も

日本では、社員の紹介で就職というと「コネで贔屓されている」「紹介でしか就職先を見つけられない」といったネガティブな印象を持つ人もいます。

しかし、アメリカなどの諸外国では、リファラル採用は主流となっている採用方法です。
直接的な紹介ではなくても、海外では就職面接の際に、その会社の現社員や前の会社の上司、大学の教授などからの推薦書を持参することもよくあります。
そのため、外国人人材はリファラル採用に馴染み深く、優秀な外国人人材を獲得するためにも非常に有効な手法と言えます。

増加の背景

リファラル採用が増加している背景には、人材不足による採用競争の激化があります。
これまで一般的だった、求人媒体への広告掲載だけでは優秀な人材が確保できなくなり、より確実にいい人材と出会える方法が必要となっているのです。

また、以前は多くの人が持っていた終身雇用という考え方が変わり、人材の流動性が高くなっていることもリファラル採用が増えている一因です。
転職するなら、入社するまで実態がわからない会社より、知人や友人が勧めてくれる会社に勤めたいという転職者も多く、企業側と転職者側のニーズが一致しています。
そのため、日本でも徐々にリファラル採用が広まってきているのです。

リファラル採用に向く企業は?

リファラル採用に向いている会社は、まず高度な知識が必要な専門職が多い会社です。
高度な知識が必要な仕事は、それだけ世界が狭く、優秀な人材同士が学生時代や前職場で繋がっていることが多いです。

また、専門的な仕事の力量については、知識のない人事担当者が面接で見極めることが難しいので、現社員がレベルを保証してくれるリファラル採用が役立ちます。

現社員が本当に自社に貢献できる人材を紹介してくれるよう、「愛社心」も大切です。
厳しい労働環境のブラック企業に、大切な友人・知人を紹介したいという人はいません。リファラル採用を成功させるためには、労働環境を整えて、自社社員が「ぜひ友人知人も一緒に働いて欲しい」と思える会社作りが必要なのです。

リファラル採用のメリット

それでは、リファラル採用を行うことで得られる4つのメリットを見ていきましょう。

①採用にかかるコストと手間の削減

リファラル採用のメリット一つ目は、求人サイトや人材紹介会社を利用した場合にかかる手間やコストが不要なことです。
募集の際は、社員に紹介を依頼するだけなので、採用に至らなければ全くコストがかかりません。

ただし、採用が決まった場合には、紹介した社員にインセンティブ報酬を支給するケースが多いようです。
成功時の報酬額は、会社にもよりますが1~50万円ほどが相場です。

②転職市場に出ない人材を採用できる

リファラル採用では、転職市場に出ない人材を採用できるというメリットもあります。

世の中には、積極的に転職活動をするほどではなくても「より良い条件の職場があれば転職したい」と考えている人は多いです。そういった人材は、求人サイトや人材紹介会社の利用では絶対に採用できません。

社員の友人・知人というコネクションを利用することで、隠れた人材にアプローチできるのがリファラル採用の良いところです。

③社員の意識改革

リファラル採用を実施すると、社員は友人や知人に自社を勧める機会が増えます。
普段は意識していない自社の魅力を口に出して伝えることで、社員が自社の良さを見直して意識改革に繋がることもあるのです。
会社の良さを再認識することで、より良い人材を紹介しようという気運も高まり、企業と社員のエンゲージメントが高まります。

④マッチング精度が向上する

リファラル採用のもっとも大きなメリットとも言えるのが、マッチング精度の高い人材と出会えることです。

実際に仕事に従事している社員は、そのポジションに必要な能力や人材像を熟知しています。その社員が推薦する人材は自社とのマッチング度が高く、定着率も良いのは当然でしょう。

また、転職者側からしても、入社前に友人や知人から詳しく話を聞けることで入社後のギャップが少なくなり、トラブルを防ぐことができます。

リファラル採用のデメリット

リファラル採用には、デメリットもあります。
メリット面・デメリット面を両方知って、効果的にリファラル採用を利用しましょう。

①人材が偏りやすくなる

リファラル採用のデメリット一つ目は、人材が偏りやすくなることです。

基本的に、人は自分と似た価値観や性格を持つ人と仲良くなりやすいです。
職場を紹介するほどの知人・友人はそれなりにその社員と親しいはずですから、性質がどこか似通っている可能性が高いのです。

リファラル採用を繰り返していくと、社内の人材の多様性が失われてしまうことも。似た者同士が集まった企業は一体感がありトラブルも起こりにくいですが、イノベーションが起きにくくなり会社の成長を鈍らせる可能性があるのです。

②採用・不採用に関わらず人間関係に配慮が必要

リファラル採用のデメリット2つ目は、採用・不採用に関わらず人間関係に配慮が必要なことです。

まず、紹介してもらった人材を不採用とした場合、社員・転職者両名に気まずい思いをさせてしまうことがあります。紹介してもらった人材を採用できない場合は、両名に十分に理由を説明するなど人間関係を壊さないための配慮が必要です。

採用する場合にも、人材の配置をよく考える必要があります。
紹介した側・された側を近いポジションに置きすぎると、元々の仲の良さから連携が取れる場合もありますが、馴れ合いでルーズな雰囲気になってしまうことも。

また、知人同士で派閥などができてしまうと、社内の雰囲気の悪化や人間関係のトラブルから退職リスクが高まる事例も見られます。
どのように対応するかはケースバイケースですが、リファラル採用ならではの複雑な配慮が必要になることも知っておきましょう。

③社員にリクルーターとしての教育が必要

社員が会社側に求めている人材像をよく理解していないと、人材のミスマッチが起こってしまう場合があります。
普段人事に関わっていない社員は、必要なスキルや人材適性をうまく判断できないことも多いです。

また、事前に社員が間違った情報を転職者に伝えてしまうと、面接をしてから「社員と人事で話が違う」というトラブルに繋がりかねません。
リファラル採用を行う際には、社員に対してリクルーターとしての教育が必要になるのです。

リファラル採用成功のポイント

リファラル採用を成功させるためには、まず採用の仕組み作りが必要です。
ただ社員に広く紹介を呼びかけるだけでは、先にお伝えしたようにミスマッチが生じてしまいます。
社員には、人材の募集要件はもちろん、募集するに至った背景や人材の充足情報、募集している部署の雰囲気なども詳細に伝える必要があります。
また、不明な点があれば気軽に問い合わせられる窓口を設けると、個々の社員との連携が取りやすくなるでしょう。

ただし、社員に伝えるべき情報とそうでない情報は、事前に精査が必要です。
例えば、給与・賞与などの処遇や、募集の理由として企業戦略などの機密事項が含まれる場合には、情報の取り扱いに注意が必要です。

採用成功した場合の報酬額も、募集開始と同時に定めておきましょう。社員に求人情報を周知するために、専用ツールを導入するのも、リファラル採用をスムーズにするのに役立ちます。

しかし、リファラル採用の場合、いつでも都合よく紹介できる人材がいるとは限りません。
人材の確保が急務となっている場合、リファラル採用以外に求人サイトや人材紹介会社を介した従来の採用方法も並行する必要があります。

まとめ

リファラル採用は、コストを抑えて優秀な人材を確保できる可能性がある採用方法です。
海外では主流の採用方法でもあるため、優れた外国人人材を獲得したい場合におすすめ。

ただし、社員が求人の概要を正しく理解していないと、ミスマッチが生じる場合もあります。
リファラル採用導入の際は、仕組みづくりをしっかり行なって失敗のないように注意しましょう。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事