第二新卒の採用を成功させるポイント

「第二新卒」とは、新卒で入社後、短期間で離職して転職活動をしている若い人材のことです。
以前までは、「入社後3年以内で会社を辞めるのは不利」と言われていましたが、若い人材が不足し、転職も当たり前となった現在ではその事情も変わってきています。

今回は、企業の採用担当者向けに、第二新卒の定義や第二新卒の採用を成功させる方法を解説していきます。

企業からのニーズは増加!第二新卒とは

第二新卒とは、大学・高校・専門学校・短大などの学校などを卒業してから一旦就職したものの、短期で離職して転職活動をしている若手転職者のことを言います。
派遣社員・契約社員として働いていた人や、留学などの理由で遅れて就職活動をする人も第二新卒に含んで考える場合もあります。

卒業してから何年目まで、何歳までという具体的な決まりがあるわけではありませんが、一般的には卒業後3年以内の離職・25歳までが第二新卒と扱われることが多いです。
ただし、企業によっては20代の転職者は全て第二新卒として扱うこともあり、第二新卒の定義は様々です。

なお、卒業後に就職が決まらず、フリーターや無職として過ごしていた人は、第二新卒ではなく既卒という言葉で区別して扱います。

第二新卒を採用するメリット

それでは、第二新卒の人材を採用するメリットを3つご紹介していきます。

若くて柔軟性が高い

第二新卒採用のメリットは、何より若くて柔軟性が高いことです。
就職後3年以内の離職では、仕事の進め方や考え方などが前職場のやり方に染まりきっていないことが多く、新しいやり方を無理なく吸収できます。

また、職種の変更も、若ければ若いほど成功しやすいです。
現在、少子高齢化の影響で新卒採用が難しく、若い労働力が不足している企業にとって、第二新卒は注目すべき存在です。

社会経験がありビジネスマナーが身についている

若い労働力を求めているだけであれば、新卒や既卒でも条件は同じです。
しかし、第二新卒ならではのメリットは、短いながらも社会経験があり、ビジネスマナーが身についていることです。

社会人としての基礎を自社で教育する必要がなく、業務さえ覚えれば即戦力になることもできるのが第二新卒の魅力と言えるでしょう。

入社意欲・仕事への熱意が高い

新卒後、短期間で入社した会社を離れたということは、それなりに会社や仕事に対して思うことがあったということです。
「他にやりたい仕事がある」「もっとスキルアップしたい」という理由で離職した第二新卒の人材は、高いモチベーションを持って業務に臨んでくれるでしょう。

また、新卒後短期間で離職するというのは、キャリア上不利になるということは第二新卒者本人もわかっていることです。
そのため、第二新卒は入社意欲が高く、内定を出して断られてしまうリスクが低いと言えます。

デメリットはある?

第二新卒にはメリットが多い反面、デメリットや注意しなければならない点もあります。
まず考えられるのは、第二新卒者の中には「合わなければまた転職をすればいい」と考えている人もいて、すぐに退職されてしまう可能性があるということ。長続きしない人材だと、採用にかけた時間や費用が無駄になってしまいます。
他にも、新卒で採用した人材が多いと馴染みにくいなどといったことも考えられます。

良い第二新卒の人材を採用するには、面接の際に応募者をしっかり見極める必要があります。
次の項目で、第二新卒の採用を成功させるポイントをご紹介いたします。

第二新卒で優秀な人材を採用するには

それでは、第二新卒の優秀な人材を採用するには、どのような採用手法が必要になるのでしょうか。
第二新卒の採用を成功させるための、3つのポイントを解説していきます。

面接は丁寧に行う

第二新卒の人材は、先にお伝えしたように「他にやりたい仕事がある」「もっとスキルアップしたい」など向上心を持って転職活動をしている人も多いです。

しかし、その反面で、単に仕事が嫌になり、短期間で離職してしまった人材も多いのが実情。そのため、第二新卒の面接は、他の転職者よりも丁寧に行い、人材の本質を見極めなければいけません。

まず、第二新卒の面接では離職理由をしっかり聞くべきでしょう。
離職の原因が仕事の内容にあるのか、給与や残業時間などの待遇面にあるのか、それとも他の理由があるのかで、採用後の退職リスクが異なります。

とはいえ、面接では退職理由として聞こえのいい話をする第二新卒者がほとんど。
正直に話してもらえないのは大前提として考えておき、志望動機や自己PRなど他の要素でその人材のポテンシャルを判断する必要があります。
少しでも気になる点があれば深掘りした質問をするなど、第二新卒の面接は年数を経た転職者よりも丁寧に行うようにしましょう。

第二新卒はどこで採用できる?

第二新卒人材の応募・採用は、「マイナビジョブ20’s」「Re就活」といった第二新卒・20代の若手転職者向けの求人サイトで行うことができます。
企業から第二新卒者への注目が高まっていることが理由で、数年前からこういった第二新卒者専門の求人サイトが登場してきました。

また、コストをかけずに第二新卒を採用したいなら、若手社員から紹介を募る「リファラル採用」も一つの選択肢となるでしょう。
若手社員の周囲には、学生時代の友人などで転職を考えている人材も多いはずです。
社員からの紹介であれば、人柄などをある程度信頼することができ、面接の時間と手間が節約できます。

外国人人材にも目を向けてみる

少子高齢化の影響で、日本国内の人材は若い労働力が不足しています。
新卒採用の競争が激化しているのと同様に、第二新卒も売り手市場となっています。短期間で離職してしまったという弱みがある一方、ビジネスマナーが身についているなどの強みもあり、どちらかというと第二新卒者を狙っている企業も多いです。
そのため、新卒・第二新卒どちらであっても、国内で若い労働力を確保するのは難しくなっています。

そんな問題を解決できる可能性を秘めているのが、外国人人材です。
日本より経済規模が小さい国には、日本に出稼ぎやスキルを習得しに来たいという若い人材が多く、日本の労働力不足を補う存在です。
特に人材不足が著しい介護業界や、業務にそれほど日本語力が必要ない製造業・エンジニアなどの業種で、外国人採用が盛んになっています。

さらに、外国人人材は母国語や英語が堪能であったり、母国の家族を養っているなどの理由で離職率が低かったりと、日本人の若手人材にはないメリットもあります。

若い労働力を確保したい場合には、日本人の新卒・第二新卒にこだわらないのも一つの方法です。
第二新卒の採用が厳しい場合には、外国人人材に目を向けてみてみることをおすすめいたします。

まとめ

第二新卒とは、新卒後短期間で離職し、転職活動をしている若手人材のことです。
特に決まった定義はありませんが、一般的には新卒後3年・25歳以下の人材を第二新卒と呼ぶことが多くなっています。
若く柔軟性があり、ビジネスマナーが身についているなどの強みがある第二新卒者には、多くの企業が注目しています。

そのため、第二新卒でも優秀な人材を確保するのは、なかなか難しいのが実情。
若い人材を採用したい企業は、新卒・第二新卒にこだわり過ぎず、若い外国人人材に目を向けてみるのもおすすめです。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事