転職サイトのおすすめランキング12選【外国人採用専門サイトも紹介】

転職サイトは、多くの人に求人広告を見てもらいたいときに最適の媒体です。
しかし、一言で転職サイトといっても、それぞれのサイトで特徴や登録者の傾向が異なります。

そこで今回は、おすすめの転職サイトをランキング形式で発表。
外国人採用におすすめの転職サイトランキングも掲載します。

転職サイトで求人を出すメリット・デメリット

おすすめの転職サイトランキングをご紹介する前に、まずは転職サイトのメリット・デメリットを解説いたします。
そもそも自社の求人に、転職サイトという媒体が合っているのか?を知っていきましょう。

転職サイトで採用するメリット

転職サイトを利用する企業側のメリットは、以下の3点。

・エージェントよりも安価で採用できる
・潜在層へアプローチできる
・多くの人材に訴求できる

まず、転職サイトの利用コストは、転職エージェントを利用するより安価です。
転職エージェントを利用すると、一人あたり100~300万円ほどのコストがかかるところ、転職サイトなら平均40万円程度で済みます。

また、転職を考えている人の中には、本気で転職活動をするほどではないものの、転職サイトの巡回だけはするという層の人材もいます。転職サイトなら、エージェントに登録するほどではないという潜在層の人材にもアピールができるのです。
さらに、転職サイトは多くの人がアクセスするため、単純に多くの人材の目に留まりやすいというのも転職サイトのメリットです。

転職サイトで採用するデメリット

対して、転職サイトのデメリットには、以下のものがあります。

・必ず採用できるとは限らない
・手間がかかる

まず、転職サイトでは、閲覧者からの応募がないと採用には繋がりません。応募があったとしても、自社が求める人材像とは隔たりがあり、採用に至らないケースもあります。

こういったミスマッチを減らすためには、ターゲットに訴求できる求人広告を作成するのが大切。
また、スカウト機能がある転職サイトなら、企業側から登録者に声をかけて採用することも可能です。

次に、幅広い層から応募が集まる転職サイトでは、書類選考や合否の連絡に手間がかかるというデメリットも。
ただし、そのぶん多数の人材から採用者を選べるので、メリットと表裏一体です。
こちらも、ターゲットに訴求できる詳細な求人広告を作成し、応募者を絞る工夫をすることで改善できるでしょう。

採用成功のための転職サイトの選び方

それでは、多数ある転職サイトの中から、自社にぴったりのサイトを選ぶ方法を解説していきます。

転職サイトの特徴や会員の属性を見る

サイトによって、強み・弱みや登録している会員の属性が異なります。
例えば、ポテンシャルの高いハイキャリア専門のサイトもあれば、第二新卒など若い人材が多く登録しているサイトも。また、業種別の専門転職サイトもあります。

あとでご紹介する転職サイトランキングを参考に、自社の社風や求めている人材像に合った転職サイトを探してみてください。

どんな機能があるかをチェックする

次に、機能面も重視すべきポイントです。
例えば、ピンポイントで採用したい人材像があるなら、企業側から登録者に声をかけられる「スカウト機能」があるサイトがおすすめ。

また、予想より応募が集まらなかった場合や、逆に応募が集まりすぎて対応しきれない場合、「原稿の差し替え」ができると便利です。
サイトによっては、広告の修正は有料なので、利用を始める前に確認してみましょう。

コストパフォーマンスを試算してみる

次に、コストパフォーマンスの試算。
いくら利用料が安くても、効果が見込めなければ求人を出す意味がありません。事前に求人コンサルタントなどから情報を集め、リサーチを行なっておきましょう。

安い料金に飛びつかず、同業他社での実績などを参考にしながら転職サイトを見極めるのが大切です。

時には担当者を変更することも必要

転職サイトだけではなく、転職サイトの担当者との相性もあります。
担当者に原稿の作成を依頼する場合、企業や求める人材像への理解度が低いと、訴求力の低い広告になってしまうこともあるのです。
しばらく広告を掲載しても見込んでいたほどの結果が出ない場合、担当者の変更をお願いするのも一つの方法です。

転職サイトのおすすめランキング7選

それではいよいよ、転職サイトのおすすめランキング7選をご紹介します。

エン転職

登録者数・属性:700万人以上、72.9%が35才以下
求人件数:5,000件以上
料金:4週間28万円~

エン転職は、転職口コミサイトと連携しているのが特徴の転職サイトです。
選考中の工数やストレスを減らす機能が多数あるため、忙しい人事担当者や大量採用をしたい企業におすすめ。

また、20代~30代の利用者が多く、スマホユーザビリティも高いので、若い人材の採用におすすめです。

マイナビ転職

登録者数・属性:553万人、55%が35才以下
求人件数:常時5,000件以上
料金:1週間20~120万円

マイナビ転職の強みは、何より「マイナビ」というブランド力。
全国各地、幅広い業界の求人を常時5,000件以上掲載している、国内最大級の転職サイトです。

会員の約過半数は35才以下ですが、40代以上の登録者も約30%と多く、中高年層の採用にも適しています。

doda

登録者数・属性:約410万人、69.1%が35才以下
求人件数:6万件以上
料金:4週間50~150万円

dodaの最大の特徴は、圧倒的に掲載求人数が多いこと。
他の大手サイトの10倍以上の掲載数を誇り、特にIT・ものづくり業界に強い転職サイトです。

また、登録者の傾向としては、関東圏・大卒以上の人材が多くなっています。

リクナビNEXT

登録者数・属性:約916万人、25~39才が約60%
求人件数:約8万5,000件
料金:4週間20~180万円

リクナビNEXTは、会員数が非常に多いことが特徴です。
中でも、働き盛りの25~39才が約60%と多く、若さと経験値のバランスが良いのも魅力でしょう。

さらに既存の916万人の登録者に加え、毎月10万人以上が新規登録をしていて、どんどん新しい人材と出会うことができます。

Re就活

登録者数・属性:約120万人、90%以上が20代
求人件数:1万社以上
料金:4週間35~80万円

Re就活は、第二新卒者を中心とした若手人材の採用に特化した転職サイトです。
会員は90%以上が20代、80%以上が四大卒という構成で、若く優秀な人材を獲得したい企業におすすめです。

Wantedly

登録者数・属性:約190万人、43%が20代
求人件数:約33,000社
料金:初期費用0円・4週間3万5,000円~15万円

Wantedlyは、給料や待遇などの条件ではなく、やりがいや環境を軸として企業と登録者をマッチングする転職サイトです。
IT業界に強く、エンジニア・デザイナー・セールス・マーケティングなどの人材が多く登録しています。

30日間の無料掲載期間があり、初期費用0円で利用が開始できるのも魅力です。

女の転職@type

登録者数・属性:約122万人、25~34才が35%(女性99.9%)
求人件数:約1,500件
料金:4週間20~80万円

女の転職@typeは、その名の通り女性の転職に特化した転職サイトです。
登録者は女性が99.9%で、女性の正社員・契約社員採用に強みを持っています。

また、求職者の情報と、企業が求める人物情報を自動マッチングする機能が搭載されていて、より理想に近い人材と出会うことが可能です。

転職サイトのおすすめランキング5選【外国人採用編】

日本人と外国人では、利用する転職サイトの傾向が異なります。
最後に、外国人採用におすすめの転職サイトランキングを見ていきましょう。

Career Cross

登録者数・属性:25万人、約50%が31~45才
求人件数:約5,000件
料金:非公開

Career Crossは、バイリンガル・グローバル企業専門の転職サイトです。
外資系企業に転職したい日本人・日本企業に転職したい外国人両方が登録していて、割合は日本人7:外国人3。
年齢層は40代が中心で、中高年の採用におすすめです。

バイリンガル専門なので、日本語が堪能な外国人を採用したい企業に適しています。

カプチーノ

登録者数・属性:会員数非公開、96%が30代以下
求人件数:約50件
料金:4週間5万円~

カプチーノは、日本語・英語・中国語・ミャンマー語に対応した転職サイトです。
日本在住の外国人、日本で働きたい海外在住外国人が両方登録しています。

登録者の国籍は中国が47%で、アジア系外国人の採用に強いのがポイント。20代・30代の若い女性登録者が多く、サービス・介護業界などの採用におすすめです。

外国人求人ネットACE

登録者数・属性:約6万人、91ヶ国の人材が登録
求人件数:非公開
料金:4週間18万円

外国人求人ネットACEは、登録者約6万人・91ヶ国に会員を持つ、外国人専門の転職サイトです。
多くの登録ユーザーが日本への留学、就業経験をもち、ハイレベルな日本語力が期待できるのがポイント。
企業で即戦力となる外国人を採用したい場合におすすめです。

jobs in Japan

登録者数・属性:54万人以上、86%が25~34才
求人件数:非公開
料金:4週間1万5,000円

jobs in Japanは、日本で働きたい外国人専門の転職サイトです。
英語ページと日本語ページがあり、月90万以上のページビューがあるのがjobs in Japanの強み。
広告には写真やビデオの掲載が可能で、よりリアルに自社の様子を知ってもらえます。

GaijinPot Jobs

登録者数・属性:47万人、90%以上が25~34才
求人件数:8,000社以上
料金:非公開

GaijinPot Jobsは、英語・日本語で利用できる外国人向け転職サイトです。
登録者の国籍はアメリカ・オーストラリア・ヨーロッパ圏が多く、西欧人の比率が高いのが特徴です。

また、日本在住の外国人が80%以上なので、ビザの新規取得の必要がなく、すぐに働き始められるのもポイントとなっています。

まとめ

転職サイトには、それぞれ登録者の傾向が異なります。また、掲載料や搭載機能も様々です。
料金だけではなく、サイトごとの特徴を掴んで自社にぴったりの転職サイトを選びましょう。

外国人採用をお考えの方には、外国人専門の転職サイトの利用がおすすめです。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事